不眠症を予防するには

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

不眠症とは長期間にわたり夜間の不眠が続き、 日中に倦怠感や意欲低下、集中力低下などの不調が出現する病気です。
不眠の原因には自律神経の乱れやストレス、薬の副作用など様々です。不眠症を予防するには休日であっても就寝と起床時間を一定にすることです。それにより体内時計を調整することができます。その他にも起床後に太陽光を浴びることで、睡眠に関与するメラトニンの分泌を抑えることができ、体温や血圧が上昇し体は覚醒へと向かいます。また就寝前は音楽や読書をするなどしできるだけリラックスした環境のなかで過ごすことで副交感神経が優位に立ち快眠につなげることができます。寝酒は眠りが浅くなるためあまり効果的とはいえません。

更年期障害と不眠症

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

更年期障害でよく見られる症状の1つが不眠症です。
特に女性は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌によってコントロールされていますが、更年期を迎える頃になるとエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。
この2つのホルモンは眠気の抑制や睡眠中枢にも大きな影響を及ぼすことが分かっています。
その為、入眠障害や中途覚醒といった不眠症の症状があらわれやすくなり、ほてりや発汗などの身体症状が強いと、不眠症の症状も強く出てしまうのです。
更年期障害は一過性のものですが、症状が辛いときには我慢や無理をせず、専門医を受診し、ホルモン治療などを受けることで、症状を緩和することが可能です。
しっかりとした睡眠が取れるようになることで、更年期障害の症状も改善されることがあります。

病気と関連した不眠症

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

夜になかなか眠りにつけない、夜中に何度も目が覚めてしまうなど不眠症に悩まされている方は多くいます。
しかし、たかが睡眠がうまく取れないだけと思ってはいけません。他の病気の症状として不眠症になる場合もあれば、不眠症が原因で病気になる場合もあるのです。
不眠症と関連のある病気は、高血圧、糖尿病、うつ病などが挙げられます。
高血圧は様々な症状を引き起こしますが、高血圧患者の3〜5割という高い割合で不眠の症状が現れます。一方で、きちんと睡眠による休養が取れていない状態でいると血圧が上がり、不眠なある人はない人に比べて高血圧になる確率が高くなるのです。
糖尿病も患者のうち約3〜4人にひとりが不眠を訴えています。糖尿病の症状であるのどの渇きや、多尿、痛みやしびれといったことが要因となり眠れなくなってしまうのです。
また、うつ病は、9割近くの人が不眠で悩まされています。逆に不眠で悩まされている人が、受診をしたところうつ病であることがわかったというケースもあります。
このように不眠は病のサインとなっています。なんだか最近眠れないと思ったら、病院で相談してみましょう。

妊婦さんの不眠症

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

妊娠するというのは、女性にとってこのうえない喜びです。
おなかの中に自分の赤ちゃんが宿っていることを知った時から、赤ちゃんに会えるのを毎日楽しみにします。しかし、妊娠すると喜びとともに身体には様々な変化を経験します。その一つが、不眠症です。妊婦さんの多くは不眠症を経験しますが、これはホルモンバランスの乱れが関係しています。また、ほかにも、親になる不安、赤ちゃんがおなかの中で無事に育ち元気に生まれてくるか心配、といったことが関係しています。もし、不眠症の悩みを抱えているのであれば、かかりつけの医師に相談してみしょう。また、香りのあまりきつくないアロマをたくことよって、ぐっすりと休めることでしょう。

育児による不眠症

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

不眠症には様々なケースがありますが、中でも多いのが育児による不眠症です。
出産直後、赤ちゃんは2〜3時間置きにお腹が空いて泣く為、ママ達はゆっくり眠る事もままなりません。複数人の子どもを育てている最中は、それぞれの時間帯の異なる食事や生活リズムに合わせる為、結果的に親が睡眠不足に陥り、気が付くと眠りたくても熟睡できない不眠症になっているケースが多くみられます。
これを解消するには、精神的に余裕を持ち、1週間の中で調整する気持ちで挑みましょう。
2〜3日不規則で十分な睡眠が取れないとしても、1週間の中でトータルして熟睡している時間の合計を考えて、ある程度納得する事も必要です。育児中は誰もに負担が掛かるものです。あまり神経質にならず、ゆったりとした気持ちで構える事がポイントです。

適度な運動で不眠症を治す

30 6月 , 2016 不眠症 口コミ

不眠症になると、つい病院に行って睡眠薬などを処方してもらったりします。
しかしこれでは、対症療法で根本的な対策にはなりません。
睡眠薬でなく、アルコールに頼る人もいますが、もっとも危険な方法です。
せっかくのお酒が、かわいそうです。
薬やアルコールに頼らない方法として最も効果があるのが、運動です。
仕事終わりの夕方からウォーキングやジョギングをするのが効果的です。
身体の中で最も筋肉が集中している足の大腿筋を使うことで、効率的なカロリー消費ができ生活習慣病にも効果的です。
また、夕方に体温を上げることで、夜寝るまでに徐々に体温が低下していき良質な睡眠ができます。
外で運動ができない場合は、部屋でスクワットをするのも効果的です。
但し、睡眠直前は逆効果になりますので注意が必要です。